ライオン像のある建物」

     ともよばれる旧直江津銀行

         建物所在地は上越市中央

   3-7-31。関川河口西海岸

         琴平神社近く。船見公園

   市営無料駐車場利用可。

   蔵cafe沙羅さんはす向い。


   周辺にcafeがすでにある

   こともあり、歴史建造物

   としての調査記録保存なし

   にカフェ等に改修する事に

   反対致します。(H27.1.25)

  

民間資本による銀行設立は、

国立銀行条例による

       第一国立銀行(M6年)に始まるが、

    京都第一五三国立銀行(M12年)をもって、

 設立認可が打ち切られ、

以降は銀行条例による

 普通銀行として設立された。

(国立銀行も普通銀行に転換)

 明治26年銀行条例施行以降

大都市では

  少数の財閥系銀行が優勢であったが

地方都市では

 多数の中小資本銀行が群立し、

   大正3年には2099行が存在した。

しかし戦時統制と共に

   昭和18年には86行に集約される。  

「明治以降本邦主要経済統計、

 日本銀行統計局、昭和41年」より